【栃木県日光市】宇都宮市エリアでペット火葬 | ペット霊園宇都宮 | ペットを火葬する際に、何まで入れていいの?

  >  
スタッフブログ  >  
ペットを火葬する際に、何まで入れていいの?

スタッフブログ

当霊園のスタッフによるブログです。

ペットを火葬する際に、何まで入れていいの?

■2019/10/07 ペットを火葬する際に、何まで入れていいの?

ペットを火葬する際に一緒に火葬できる物は?
いざ自分のペットを火葬するとなった際に迷いますよね。
 
逆に一緒に火葬出来ると知らずに準備をしておらず、後悔したケースもあるのではないでしょうか。
主に副葬品(ふくそうひん)と言われておりますが、これは一緒に棺に入れ、火葬出来る物のことを指します。
 
祭壇や安置台では比較的自由に遺体にお供え物が出来ますが、火葬炉に入れられるものには限りがあります。
ペットとの最後のお別れだからこそ、思い出の品を一緒に火葬されたい気持ちは分かりますが、火葬が上手くいかないケースもありますのでお守りいただいております。
 
火葬は衛生的に遺体を自然に返す行為であり、出棺は飼い主様の気持ちの整理をつけるためでもあります。
また、火葬後にはペットの遺骨を確認したり、お骨上げをします。
 
・お写真

こちらに関しては数枚程度でしたら一緒に火葬することが可能です。
小さなお手紙なども入れることが可能ですよ。
 
・おもちゃ

小さいものでもゴムやプラスチック系になりますと、黒煙や異臭が発生し火葬に悪影響を及ぼす可能性が高いです。
さらに黒く塊で残ってしまったりしますので、遺骨への影響もお骨上げにも悪影響を及ぼします。
 
・ペットのエサ

少量であれば一緒に火葬することが可能です。
しかし容器などは一緒に火葬できませんのでご注意ください。
 
もし容器も一緒に入れてしまいますと上記に書いてある黒煙等の発生だけではなく、
ガラスの容器などは火葬中に破裂する恐れがございます。
 
・洋服やクッションなどの衣類系

洋服は少量でしたら入れることが可能です。
 
クッション、毛布、ぬいぐるみは基本的に一緒に火葬はできません。
 
もし一緒に火葬をしてしまいますと繊維は灰となり残りますのでお骨に影響が出ます。
また金具が付いていると燃えない場合があります。
 
・お花

入れることが可能です。
 
棺いっぱいに入れてあげるのもいいですし、
好だった色など想うようにお飾りください。
 
ペットとお別れをする祭壇や安置台では比較的自由に好きなものを入れることが可能ですが、火葬出来るものには限りがあることがお分かりになられたと思います。
 
火葬をされる場合はペット火葬業者にご相談をいただくと宜しいかと思われます。
 
ペット霊園宇都宮では2020年8月13日〜2020年8月16日を投票期間として
フォトコンテストを開催させていただいております!
 
ペットの写真のみで参加OK!!
豪華賞品をご用意しております!
 
参加方法は下記をクリック!
https://yu-kamiyamakikaku-pet.com/photocontest/


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ペット霊園宇都宮
http://yu-kamiyamakikaku-pet.com/
住所:〒321-2344
栃木県日光市猪倉1520 
TEL:0120-141-002
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
pagetop