【栃木県日光市】宇都宮市エリアでペット火葬 | ペット霊園宇都宮 | ペットを車に乗せる際の注意点〜罰せられるケースも〜

  >  
スタッフブログ  >  
ペットを車に乗せる際の注意点〜罰せられるケースも〜

スタッフブログ

当霊園のスタッフによるブログです。

ペットを車に乗せる際の注意点〜罰せられるケースも〜

■2020/03/20 ペットを車に乗せる際の注意点〜罰せられるケースも〜
病院やトリミング、少し遠出の散歩など、ペットを車に乗せる機会が多い方も多いでしょう。
しかし、正しい方法でペットを乗せないと危険だったり、法律違反になる可能性もあることは知っていますか?
 
今回はそんなペットを乗せる機会が多い、もしくはこれから増える方に向けて注意点を話したいと思います。
 
まずは法律違反についてお話をします。
 
道路交通法第55条第2項では運転の邪魔なことに対する項目が書かれています。
簡単にお話をするとペットが車内を自由に動き回れたり、運転者の膝の上に乗せて運転をしてしまうと道路交通法の違反により罰せられてしまうケースがあります。
 
そして危険な乗せ方をすることによってペットを危険にさらす可能性が非常に高くなります。
たまに窓から顔を出している犬を見かけますが、場合によっては落下をしてしまいます。
また自由に動き回れてしまうと急ブレーキをしてしまった際に前へ放りでてしまい、怪我をしてしまう危険性もあります。
 
ではペットを安全に車に乗せる方法とは?
 
一番一般的で簡単な方法としてはゲージやクレートに入れることでしょう。
ゲージやクレートをシートベルトで固定すれば上記を二つをクリアできます。
 

 
次にドライブボックスでしょう。
ゲージやクレートに入ることを嫌がる子もいると思います。
嫌がる子でもドライブボックスであれば簡単に入れることができます。
リードフックも付いていますのでオススメです。
 

 
最後にペット用のシートベルトの使用でしょう。
車のシートベルトに装着ができるので設置に面倒な作業はありません。
首輪と繋げるタイプやハーネストタイプがあります。
特に大型犬ですとゲージやクレートですとかなり大きなサイズになりますのでペット用のシートベルトをオススメします。
 

 
では次はペットの乗せる座席の位置です。
ペットを乗せる際に安全なのは後部座席かラゲッジスペースです。
助手席であれば様子を見れますが、エアバックが作動するような事故ですと大怪我につながりますので後部座席かラゲッジスペースがオススメです。
 
車の窓から身を乗り出して風を気持ち良さそうに浴びている犬を見ると可愛いですが、そういった乗せ方は大変危険です。
犬は自分で安全を確保できませんので飼い主さんの管理が重要です。
ペットとお出かけの際は必ず正しい乗せ方をしましょう。
 
ペット霊園では2020年8月13日〜2020年8月16日を投票期間として
フォトコンテストを開催させていただいております!
 
ペットの写真のみで参加OK!!
豪華賞品をご用意しております!
 
参加方法は下記をクリック!
https://yu-kamiyamakikaku-pet.com/photocontest/
 



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ペット霊園宇都宮
http://yu-kamiyamakikaku-pet.com/
住所:〒321-2344
栃木県日光市猪倉1520 
TEL:0120-141-002
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
pagetop