【栃木県日光市】宇都宮市エリアでペット火葬 | ペット霊園宇都宮 | ペットロスを乗り越えるために

  >  
スタッフブログ  >  
ペットロスを乗り越えるために

スタッフブログ

当霊園のスタッフによるブログです。

ペットロスを乗り越えるために

■2020/04/19 ペットロスを乗り越えるために
私たちは家族や恋人、友人が亡くなってしまったとき悲しみや悔いで落ち込むことがあります。
これはペットが亡くなってしまった時にも同じ感情が生まれます。
 


ペットは共に生きた家族の一員です。
そのペットとの別れは当然悲しいですし、辛いでしょう。
ですのでペットロスは正常な反応ですし、自然なことです。
 
このペットロスはペットと共に暮らしてきた飼い主であれば誰もが通る道です。
今回はそんなペットロスについてお話をさせていただきます。
 
そもそもペットロスになるとどうなるのか。
精神面でも身体面でも様々な変化が起こります。
精神的には不安や集中力の欠如、落ち着きが無くなる、悲観的、孤独感を強く感じたりと精神的にとてもネガティブになりやすくなります。
 
身体的な変化としては涙脆くなる、食欲不振、不眠、下痢や嘔吐、腹痛など全身の倦怠感が出やすくなります。
 
これらの症状は時間と共に軽くなってきますが、長く続いたり症状が重くなってきたら病院で診てもらったり、カウンセリングを受けることをお勧めします。
 
ペットロスが重症化してしまう原因としては二つの要因があります。
まず一つが本人の問題です。
 
例えば怒りをペットの死の原因に対してぶつけると、それが悲しみを乗り越える原動力となりますが、怒りを建設的な方向に向けず、一人で抱え込んでしまうと重症化しやすくなります。
 
またペットの死の原因が自分だと思い込んでしまうと重症化の要因の一つになります。
 
そしてもう一つが周りの環境です。
周りの人とのペットに対する価値観は飼い主と非飼い主ですと全く異なります。
ペットロスで悲しんでいる時に家族や友人から精神面の支えを得られなかった場合、泣くことや落ち込むことを恥だと考えてしまい、我慢してしまうケースがあります。
 
このような悲しい出来事があった場合は泣くことなどを我慢してしまうと余計に悪化してしまうケースが多いです。
根本的な悲しみの解決にはならないため、トラウマになってしまいます。
 
ペット霊園ではたくさんの方のペットロスを見てきました。
話を聞いていると克服する方の共通点が二点あります。
 
まず一つ目がひたすら泣く過程を経ていることです。
上記でも書いてある通り、悲しみは我慢してしまうと悪化してしまう可能性が高くなります。
一人きりでいいので我慢せずに泣くことが早く立ち直る要因の一つなのかもしれません。
 
二つ目が新しいペットを迎え入れることです。
新しいペットを飼うと亡くなってしまったペットと重ねてしまう方もいらっしゃいますが、新しいペットとの生活に新たな発見を見つけることで過去の思い出と共存ができ、ペットロスから立ち直れるそうです。
 
いかがだったでしょうか。
ペットロスはペットを飼う上で避けては通れない感情になります。
当園ではペットロスに関するご相談も受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。
 
ペット霊園では2020年8月13日〜2020年8月16日を投票期間として
フォトコンテストを開催させていただいております!
 
ペットの写真のみで参加OK!!
豪華賞品をご用意しております!
 
参加方法は下記をクリック!
https://yu-kamiyamakikaku-pet.com/photocontest/


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ペット霊園宇都宮
http://yu-kamiyamakikaku-pet.com/
住所:〒321-2344
栃木県日光市猪倉1520 
TEL:0120-141-002
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
pagetop